サービス内容

在宅リハビリとは

訪問看護とは介護保険、医療保険等の保険制度を利用した在宅ケアサービスです。在宅で療養生活を必要としているすべての方々が、安心して生活を送れるように、かかりつけ医の先生と連携して看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が定期的にご家庭に訪問をいたします。訪問時には実際にお一人お一人に合ったご相談に応じます。

サービス内容(リハビリ)

理学療法

脳梗塞、股関節頸部骨折、脊柱管狭窄症、加齢による廃用症候群など、一度は失った運動機能を運動療法、関節可動域訓練、ストレッチ、筋膜リリース、ファシリテーションなどの徒手療法により再生させます。

作業療法

入浴や更衣動作、家事動作など、日常生活動作や手段的日常生活動作の再獲得を目指します。

摂食嚥下療法

むせ込み、誤嚥のリスクを軽減させるため、口腔運動、口腔内や顔面筋のリラクぜーションを行い、機能改善を図ります。

言語療法

失語症や構音障害など発声に機能の改善を図ります。

疼痛緩和療法

​主に筋膜リリースを用いて、腰痛や肩関節痛、姿勢の改善を図ります。

義肢装具のアドバイスや調整

義足、短下肢装具の選定やメンテナンスのアドバイスを行います。また、微妙な角度調整などフィッテイングも行います。

介護相談や福祉用具・家屋改修のアドバイス

ご家族への介助指導や福祉用具、家屋改修のアドバイスを行います。

自主トレーニングのアドバイス

イラストや写真、動画を用いた自主トレーニングのアドバイスを行います。

​コラム

脳卒中とは
何らかの原因で脳に血液が流れなくなり、脳の神経細胞が死滅する病気のことです。脳の神経細胞に障害が起きた結果、呂律が上手く回らなくなる言語障害や半身の痺れや麻痺といった症状が出現します。

脳卒中の原因として、脳の血管が詰まることで血液が流れなくなる「脳梗塞」や脳の血管が破れて出血することにより細胞が障害される「脳出血」があります。その他の原因として「くも膜下出血」「一過性虚血脳発作」などがあります。

脳卒中は介護が必要になる主な原因の一つであり、発症してしまうと、後遺症が残り、介護する家族の負担になってしまうケースもあります。

その為、予防と早期発見、発症してからのリハビリが必要になります。

 

脳卒中後は後遺症により各関節が固く動かしにくくなります。麻痺が起きている手足は特に動く機会が減る傾向にあります。動く機会が減る→関節が固く動かしにくくなる→更に日常的に動く機会が減るという悪循環を防ぐ為に、脳卒中の後遺症に対してのリハビリは継続的に行う必要があります。

脳卒中のリハビリ

脳卒中のリハビリの方法について具体的に説明します。

【関節可動域訓練】

脳卒中後の後遺症として「痙縮」とい筋肉のこわばりが出現します。筋肉がこわばったままでいると関節も硬くなり、痛みが出現したり、動きにくい体になります。関節可動域訓練といい硬くなった関節を痛みが出現しない範囲でセラピストが動かしたり、筋肉をストレッチすることにより動きやすい体の状態を維持します。

【関節可動域訓練】

脳卒中後の後遺症として「痙縮」とい筋肉のこわばりが出現します。筋肉がこわばったままでいると関節も硬くなり、痛みが出現したり、動きにくい体になります。関節可動域訓練といい硬くなった関節を痛みが出現しない範囲でセラピストが動かしたり、筋肉をストレッチすることにより動きやすい体の状態を維持します。

【自主トレーニング指導】

病院ではほぼ毎日療法士による訓練が行なえますが、在宅ではそれができません。その為に自分自身で体を動かす事が必要になります。障害の程度や目標に応じて気軽に行るプログラムを提案・更新します。

【日常生活動作の練習】

例えば、浴槽をまたぐのに恐怖感がある場合は、転倒しにくいように福祉用具の導入を検討したり、入浴動作の練習を行います。必要に応じてご家族に介助の方法のアドバイスも行います。無意識に行っていた日常生活動作にはコツがあり、コツを意識することでスムーズに動作が可能になります。

 

【歩行練習】

麻痺が出現すると、足が上手く上がらず、バランスが崩れやすくなり転倒する危険があります。また入院中は平坦で広い廊下などを歩行練習する事がありますが、自宅や外は道が平坦ではなく、狭いところもあります。そういった事にも安全に対応できるようにアドバイスをしたり、一緒に練習します。

 

【環境調整】

安心安全に生活するために、手すりの設置や福祉用具の導入を検討します。ケアマネジャー

や他職種と連携をとりその人にあった福祉用具を選びます。身体の状態に応じて様々な環境を調整していきます。

ご利用の流れ

主治医、または、担当のケアマネージャーさんにご相談いただくか、当訪問看護ステーションに直接ご連絡ください。

ご利用料金

●介護保険ご利用の方は、ご利用時間に応じた費用の1~3割となります。

●医療保険ご利用の方は、各種保険に応じた費用の0~3割となります。

●自費の訪問看護・リハビリは、30分5000円(税抜)となります。

脳卒中とは
何らかの原因で脳に血液が流れなくなり、脳の神経細胞が死滅する病気のことです。脳の神経細胞に障害が起きた結果、呂律が上手く回らなくなる言語障害や半身の痺れや麻痺といった症状が出現します。

脳卒中の原因として、脳の血管が詰まることで血液が流れなくなる「脳梗塞」や脳の血管が破れて出血することにより細胞が障害される「脳出血」があります。その他の原因として「くも膜下出血」「一過性虚血脳発作」などがあります。

脳卒中は介護が必要になる主な原因の一つであり、発症してしまうと、後遺症が残り、介護する家族の負担になってしまうケースもあります。

その為、予防と早期発見、発症してからのリハビリが必要になります。

 

脳卒中後は後遺症により各関節が固く動かしにくくなります。麻痺が起きている手足は特に動く機会が減る傾向にあります。動く機会が減る→関節が固く動かしにくくなる→更に日常的に動く機会が減るという悪循環を防ぐ為に、脳卒中の後遺症に対してのリハビリは継続的に行う必要があります。

脳卒中のリハビリ

脳卒中のリハビリの方法について具体的に説明します。

【関節可動域訓練】

脳卒中後の後遺症として「痙縮」とい筋肉のこわばりが出現します。筋肉がこわばったままでいると関節も硬くなり、痛みが出現したり、動きにくい体になります。関節可動域訓練といい硬くなった関節を痛みが出現しない範囲でセラピストが動かしたり、筋肉をストレッチすることにより動きやすい体の状態を維持します。

 

【日常生活動作の練習】

例えば、浴槽をまたぐのに恐怖感がある場合は、転倒しにくいように福祉用具の導入を検討したり、入浴動作の練習を行います。必要に応じてご家族に介助の方法のアドバイスも行います。無意識に行っていた日常生活動作にはコツがあり、コツを意識することでスムーズに動作が可能になります。

 

【歩行練習】

麻痺が出現すると、足が上手く上がらず、バランスが崩れやすくなり転倒する危険があります。また入院中は平坦で広い廊下などを歩行練習する事がありますが、自宅や外は道が平坦ではなく、狭いところもあります。そういった事にも安全に対応できるようにアドバイスをしたり、一緒に練習します。

 

【自主トレーニング指導】

病院ではほぼ毎日療法士による訓練が行なえますが、在宅ではそれができません。その為に自分自身で体を動かす事が必要になります。障害の程度や目標に応じて気軽に行るプログラムを提案・更新します。

 

【環境調整】

安心安全に生活するために、手すりの設置や福祉用具の導入を検討します。ケアマネジャー

や他職種と連携をとりその人にあった福祉用具を選びます。身体の状態に応じて様々な環境を調整していきます。

パーキンソン病とは

脳の黒質(こくしつ)という部分の神経細胞がへっていき、そこで作られるドパミンが不足してしまう病気です。ドパミンは脳からの身体への指令を調整し、動きをスムーズに行えるようにします。そのドパミンが減ることにより身体に様々な症状が発生します。

 

身体症状

パーキンソン病は、からだの動きに関する症状が主に出現します。特徴的な症状は次の4つがあります。

 

固縮(振戦)

・筋肉の緊張が強くなり、手足の動きがぎこちなくなる。

・関節が固くなり、他人が動かそうとしても抵抗が生じます。

 

無動(むどう)

・素早く動けなくなります。

・足が出にくくなり歩きにくくなります。(すくみ足)

・目のまばたきが減り、顔の表情が硬くなります。

・字が小さくなります。(小字症)

 

静止時振戦(せいしじしんせん)

・何もしないでいる時に震える。

・片方の手や足のふるえから始まることが多いです。

 

姿勢反射障害(しせいはんしゃしょうがい)

・身体のバランスがとりにくくなり、転びやすくなります。

・方向転換をするのが難しくなります。

 

パーキンソン病のリハビリ

パーキンソン病の治療

パーキンソン病の治療は薬物療法とリハビリ(運動療法)がおもな治療法になります。ここではリハビリについて詳しく説明してきます。

 

パーキンソン病のリハビリには様々な種類の運動を取り入れることが重要です。例えば、体力維持目的での有酸素運動、全身の柔軟性を維持するためのストレッチ、筋力維持のための筋力トレーニング、歩行や苦手な日常生活上の動作の練習、呼吸訓練などがあります。これらの運動をその人の状態に応じてメニューを提案します。

 

©イーズメディカル株式会社 アットイーズ訪問看護リハビリステーション All Rights Reserved.