• NS高橋

【インフルエンザ感染症について】

インフルエンザ感染症とは、インフルエンザウイルスが原因で起こる感染症です。

毎年11月下旬から12月上旬頃に流行し始め、翌年の1月、2月頃ピークを迎え春先に向けて徐々に減少していく傾向にあります。


感染経路

感染経路は飛沫感染で、強い感染力を持ちます。流行が始まると短期間で感染拡大します。

普通の風邪とは異なり、インフルエンザは感染力が強く、重症化しやすいため定点把握(国がどのくらいの罹患者がいるかを把握する)されている感染症の1つです。


各感染経路の症状

《インフルエンザ》

38℃以上の発熱、頭痛、悪寒、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感などの症状が比較的早く現れるのが特徴的です。鼻水、咳、のどの痛みなどの症状も見られます。

気をつけなければいけないのは、小児では、稀に急性脳症を発症したり、高齢者では免疫力の低下している方では2次性の肺炎を合併したり重症化のリスクが高まります。


《普通の風邪症状》

のどの痛み、鼻水、咳などの症状が中心で、発熱もインフルエンザにくらべ高くならない傾向にあります。重症化も少なく通常4〜5日程で軽快に向かいます。


《新型コロナウイルス感染症》

発熱、咳、息切れなどの症状がメインとなり、後から味覚や嗅覚に障害をきたす頻度が高いのが特徴です。風邪やインフルエンザよりも症状が長引く傾向にあり、後から肺炎に至ることがあります。 


⭐︎感染対策⭐︎

うがい、手洗い、マスクの着用は基本です。

室内の湿度を上げることも有効です。


 インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチンとは、インフルエンザA型及びB型株を発育した鶏卵で培養し、

増殖したウイルスの感染力をなくしたものを不活化ワクチンと言い、これを接種することで重症化を予防します。

インフルエンザワクチンは、接種してから2週間くらい経って効果が現れはじめます。


昨年度よりも、ワクチン供給量が減ることが予想されているため、早めに病院やクリニックで、ワクチン接種されることをお勧めします。

インフルエンザと新型コロナウイルス感染症のダブル流行とならないためにも一人一人の心掛けが大切です。





閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示