【発達障がい】自閉症スペクトラムについて

最終更新: 2020年12月11日

自閉症スペクトラムのお子さんは、社会性、コミュニケーション、イマジネーションの3つの点において質的な偏りがあるといわれています。

よく見られる様子として、同年齢の友だちへの興味関心が低い、お友だちとのコミュニケーションが円滑にいかず上手に遊べない、同じことを繰り返すなどのこだわりがある、などが挙げられます。

このような症状から生きにくさを感じる場合がありますが、それぞれのお子さんに合った環境を整えていくことで、お子さん自身の強みを発揮していくことも可能になります。



83回の閲覧0件のコメント
©イーズメディカル株式会社 アットイーズ訪問看護リハビリステーション All Rights Reserved.