top of page
  • OT星野

【腰椎椎間板ヘルニア】

腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニアはどのようなイメージでしょうか?

手術をしなければ治らないと思っていないでしょうか?

そもそも腰椎椎間板ヘルニアってどのような状態なのかについてお伝えします。

そもそも腰椎椎間板ヘルニアとは

背骨の一番下の5つの骨の間にあるクッションが飛び出すことです。

少し細かいですが、椎間板の中にある髄核が飛び出します。

腰椎椎間板ヘルニアの状態は、MRI検査による画像ではっきりと分かります。

腰椎椎間板ヘルニアの手術は、 椎間板(クッション)の中から飛び出した髄核(カタマリ)を取り除くものです。

しかし、近年の医学では腰椎椎間板ヘルニアがあっても手術をしないで経過を見る治療、いわゆる保存療法が主流となりつつあります。

腰椎椎間板ヘルニアの状態では、痛みが出るイメージがあるかもしれません。

しかし実際は、痛みとは関係ないことも多いようです。


その理由の1つとして、痛みも何もない高齢一般人の8割弱に腰椎椎間板ヘルニアの状態がみつかったという研究があります。

近年の医学では、腰椎椎間板ヘルニアがあっても痛みは出ないと言われています。

通常は、痛みがあると早く治すために病院へ行きます。

そこでMRI検査をすると、たまたま腰椎椎間板ヘルニアが写っていることがあります。

痛みがない場合も、MRI検査をすると腰椎椎間板ヘルニアが見つかるかもしれません。

しかし、痛みがない場合は、病院に行って検査をしないため腰椎椎間板ヘルニアがあるか分かりません。


以上から、腰椎椎間板ヘルニアがあっても、痛いこともあるし痛くないこともあるため、関係が薄いのではないかと言われています。

しかしヘルニアでも運動麻痺や感覚障害、おしっこや便が出なくなったりする症状が現れた場合は手術が必要なこともあるのでドクターに相談しましょう。


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page