top of page
  • PT岩島

呼吸の重要性について

人は1日に約2万回の呼吸を行っていると言われています。日常生活の中ではあまり意識的に呼吸を行う場面は少ないと思います。また、最近はマスク生活ということもあり、呼吸自体も無意識のうちに浅くなっているかもしれません。


しっかり息が吸えること、吐けることができると自律神経のバランスが整い、身体の緊張がほぐれたり、イライラしているのが緩和されたり、良いことがたくさんあります。

呼吸をする際は肺が単独で動いているのではなく、横隔膜や肋間筋、腹筋群などの筋肉の働きにより息を吸ったり吐いたりすることができるのです。その中でも最も重要なのが肺の真下にある「横隔膜」という筋肉。

実はその横隔膜はインナーマッスルの一つであり、姿勢を助ける働きもしています。そのため横隔膜をしっかり使う深い呼吸を習慣にすることで崩れない綺麗な姿勢を保つことができるのです。

実際にしっかり吸って、しっかり吐くということを意識した深呼吸はどうすればいいのか何点かやり方をお教えします。


① 仰向けになり、クッションや丸めたバスタオルを肩甲骨に当てます。そこから両手を広げて脱力した状態で深呼吸を行います。


②仰向けになり、両膝を立てます。両手の親指を骨盤の左右の骨の出っ張りに置きます。そこから深呼吸を行います。息を吐くときに触れた骨盤の部分が硬くなればOKです。


以上、深呼吸の重要性や具体的な方法をお教えしました。横になって休憩している時間や寝る前など少し呼吸に意識を向ける機会を設ける時間を作れるといいですね。


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page