top of page
  • NS青木

☆更年期について

女性は年齢とともに4つのライフステージ(思春期・性成熟期・更年期・ 老年期)を

経験します。

個人差はありますが50歳前後の年齢で閉経を迎え、この閉経の時期をはさんだ前後10年間(一般的に45〜55歳頃)を”更年期”といいます。

更年期(閉経前後)におきる女性の身体の変化のひとつに、

卵巣組織の変化があげられます。

卵胞が消失し、排卵も停止するのでホルモン産生が低下・消失していきます。

こうして、ホルモン産生がうまくできなくなり、エストロゲンが欠乏すると、身体に様々な変調をきたします。

女性ホルモン(その中でも卵巣から放出されるエストロゲン)は単に生殖に関わっているだけではなく、女性の身体の様々な臓器に働きかけ多くの役割を演じています。

一方で、エストロゲンの働きかけを失った臓器の変化として泌尿生殖器の萎縮、骨量減少、脂質異常症、動脈硬化が徐々に進行していきます。

ただ、更年期の症状はエストロゲンの減少だけでなく、心理的な要因(仕事や家庭環境など)も複雑に関与するため、個人差が激しく、全身のあらゆる箇所にあらわれます。


【更年期に起こる症状】

(精神神経系の症状)

頭痛、めまい、不眠、不安、イライラ感、うつ

(血管運動神経系の症状)


ほてり、のぼせ、動悸、息切れ、寝汗、発汗、むくみ

(皮膚・分泌系の症状)


のぼせ、ドライアイ

(消化器系の症状)


吐き気、下痢、便秘、胃もたれ、胸やけ

(運動器官系の症状)


肩こり、腰痛、関節痛、しびれ

(泌尿器・生殖器系)

月経異常、尿失禁


この症状が日常生活に支障が出る人は更年期障害ですので、婦人科に受診することをおすすめします。



最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page