top of page
  • NS田中

熱中症になってしまった時の対処法

熱中症についてや予防方法についてお話してきましたが、それでも熱中症が疑われる場合、どのように対応すれば良いでしょうか?


まず、応急処置としては、①涼しい環境に移す②脱衣と冷却③水分と塩分の補給です。

風通しの良い日陰やクーラーの効いている室内に移動します。衣類を脱がせて体内の熱を外に逃しましょう。露出させた皮膚に水をかける、うちわや扇風機で風を送る、首や脇の下、太ももの付け根などを氷嚢で冷やして体温を下げます。意識がしっかりしている場合、冷たい水や塩分も同時に補える経口補水液やスポーツドリンクなどのイオン飲料を飲むと良いです。意識がしっかりしていない場合や嘔気や嘔吐がある場合は誤嚥のリスクが上がるため無理に飲ませないようにしましょう。

これらの応急処置をしても改善がない場合、自力で水分摂取ができない場合は医療機関の受診をしましょう。

また、意識障害がある場合、痙攣している、体温が40度以上、発汗がなくなった場合は早急な受診が必要となるので救急車を呼びましょう。






Comentarios


bottom of page