片付けについて

発達障がいの方たちは「片づけが苦手」とされています。

片付けが苦手、片付けた場所を忘れてしまう経験がある方に今回は片付けについてステップごとにまとめました。


■「場所」を決める

片付ける物を普段使うことを考えて「しまう場所を決める」。定位置にすることで物が散らかりにくくなります。


■「量」を決める

しまう場所を決めたらしまう量の限度が決まります。

溢れてしまったら、「しまう場所に入るだけの量に減らす」ようにしましょう。


■「入れ方」を決める

定位置に物を片付ける際、ぎっしり詰めたり、いい加減にしまうと、後々に散らかってしまいます。積み上げるとなだれを起こすこともあるので、使うときに取り出しやすいよう棚や引き出しなども活用して「入れ方を決める」ようにしましょう。


■家族も守れるルールを作る

片付けた状態を維持できるよう、家族にも守れるルールや工夫があるといいですね。

「場所を決める」時には、ひと目でわかりやすいようラベルを貼る、「入れ方を決める」時には出し入れが単純になるよう工夫するなど、家族間でやってみるのもいいですね。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示