top of page
  • NS橋爪

秋の花粉症

花粉症は春だけのものではありません。花粉症と聞くとスギ花粉症をイメージしがちですが、日本だけでも現在60種類以上の花粉症が報告されており、一年を通して花粉症になる可能性があります。

しかし、花粉症の症状に悩まされる人が多くなるのは、やはり春、そして秋です。花粉症の人のうち、約15%が秋に症状を訴えています。

秋の花粉症は秋特有の植物によるもので、夏の終わり頃から10月にかけて目や鼻の症状が出ます。

その症状も、原因となる植物によって若干変わることがあります。また、スギ花粉症がある人では、秋の花粉症も発症しやすくなるといわれています。

秋の花粉症の原因として多いのは、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなど草の花粉です。

ブタクサとヨモギはキク科、カナムグラはアサ科の植物。

どれもありふれた植物で、住宅地やオフィス街にも自生しています。

これらは、スギやヒノキのような樹木の花粉と違って遠くまで飛ぶことはなく、 飛距離はせいぜい数メートルですが、ごくごく身近なところにあるため、うっかり近づいてしまうと花粉を浴びてしまうのです。

ブタクサは秋の花粉症の代表的な植物で、花粉は午前中に飛散します。

花粉の粒子が小さく、身体の奥深くまで侵入することがあり、気管支にまで入ってくると喘息のような症状を起こすこともあるので注意が必要です。


ブタクサ、ヨモギ、カナムグラの花粉が飛散する期間は、8月から10月です。

飛散量のピークは9月ですが、いずれも東北や関東で多く飛びます。

関東ではブタクサの花粉が飛ぶ期間は長く、12月頃まで飛散することもあります。

また、秋は風邪と間違えやすい季節です。

秋になると気温が下がり、乾燥してくるため風邪の原因となるウイルスの活動が活発になって風邪が流行り始めます。


くしゃみや鼻みずが出ると、多くの人は「風邪かな?」と思うかもしれませんが、 花粉症の可能性があることも忘れてはいけません。

ブタクサの花粉症では、気管支に花粉が入り込んで喘息のような症状が出ることもあります。

熱もないのに咳が続くときは花粉症かもしれません。

風邪と花粉症では、治療がまったく異なります。風邪薬を買う前に薬局の薬剤師に相談したり、病院で診察を受けるようにしましょう。

秋の花粉症に対しては、スギやヒノキのように花粉の飛散情報が出ることはありません。自宅や会社や学校の近く、通勤・通学や散歩、ジョギングで利用する道などに、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラといった秋の花粉症の原因になる植物がないかをチェックし、できるだけ近づかないようにしましょう。


マスクや花粉症用メガネの着用、花粉の付着しにくい素材の服を着る、帰宅時には玄関前で花粉をはらう、帰宅後の洗顔やうがい、掃除の徹底、空気清浄機の利用などの花粉症対策は有効です。この点は春の花粉症と変わりません。

そして、症状がつらいときには、内服薬、点眼薬、点鼻薬を使用して症状を緩和させ、しっかり睡眠が取れるようにしましょう。


最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page