赤ちゃんのうんちの色について



今回は赤ちゃんのうんちの色についてお話していきます。

赤ちゃんのうんちは大人と異なります。突然いつもと違う色のうんちが出るとびっくりすると思います。ここからはうんちの色ごとに考えられることをお伝えしていきます。


・黄色のうんち

健康なうんちの色です。

 

・緑色のうんち

健康なうんちの色です。これはうんちに混ざる胆汁が酸化されて緑色に変化したものです。

 

・茶色のうんち

健康なうんちの色です。離乳食を食べ始めると、黄色や緑色の便の色から変化していきます。

 

・赤色のうんち

赤いもの(にんじんやトマト等)を食べた後なら心配いりません。赤ちゃんは消化能力が未熟なため、食べたものがそのまま出てくることがあります。そうでは無い時の赤いうんちは出血している可能性があります。うんちが固ければ肛門が傷ついて赤いうんちが出ることがあります。また嘔吐と激しく泣くのと、泣き止むことを繰り返し、いちごゼリーのようなうんちが出たときは腸重積の可能性もあるため、受診しましょう。

 

・黒色のうんち

胃など上の方の消化管で出血が起きたときはうんちが黒くなることがあります。また、鼻血が出で飲み込んでしまった時にも黒いうんちが出ることがあります。お母さんが鉄剤を内服している時に母乳を上げたときにも黒くなることがあります。鼻血や鉄材の内服など特に思い当たることが無いのに黒いうんちが出たときは早めに受診しましょう。

 

・白いうんち

白いつぶつぶが混じる程度であれば、心配ありません。うんち全体が白い状態が続くときは胆汁が分泌していません。この場合は胆道閉鎖症などの病気が考えられるため、すぐに受診しましょう。また嘔吐、下痢を伴う白いうんちはロタウイルスというウイルスにかかっています。早めに受診しましょう。

今回は以上になります。赤色、黒色、白色のうんちが出たときはその前に食べたもの、あった出来事を思い出しながら、よく観察して早めに診察してもらうようにしましょう。




閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示