top of page
  • NS多鹿

★赤ちゃんの月齢別でみる起こりやすい事故について★

 子どもの死亡原因は「不慮の事故」が最も多く、また死亡に至らないまでも事故は日常生活の中で多発しています。

わが子を事故から守るために自分達でできることは何なのか?一緒に考えていきましょう!


【新生児】

※起きやすい事故

・周囲の不注意による事故・窒息

・誤って上から物を落とす

・クーファンごと赤ちゃんを落とす

・上の子が抱き上げて落としたり、物を食べさせたりする

・まくらや柔らかい布団による窒息


★予防ポイント

・赤ちゃんの周囲には何も置かない

・抱いたまま転倒しないよう、足元も片づけておく

・安定した靴をはく

・赤ちゃんから目を離さない

・敷布団は硬めを使用する


【1か月~6カ月】

※起きやすい事故

〇転落

・ベッド・ソファーなどから落ちる


★予防ポイント

・ベッドの柵は必ず上げる

・一人でソファー、椅子などに寝かさない


〇ヤケド

・誤って上から熱い物を落とす・こぼす

・熱い湯のシャワーをかけてしまう


★予防ポイント

・赤ちゃんが近くにいる時や抱いたまま熱いものを扱わない

・風呂やシャワーは必ず湯温を確認する


【7カ月から12ヶ月】

※起きやすい事故

〇誤飲・中毒・窒息

・煙草、医薬品。化粧品、洗剤、コイン等を誤って飲む

・お菓子や豆などの食品がのどに詰まる


★予防ポイント

・多いのは煙草の誤飲。危険なものは赤ちゃんの手の届かない場所へと置く

・引き出しなどにはストッパ―を


〇ヤケド

・炊飯器や加湿器の蒸気にさわる

・アイロン、スト―ブにさわる

・ポット・鍋をひっくり返す

・テーブルクロスを引っ張ってスープやコーヒーなどを被る


★予防ポイント

・熱源は床に置かず全て赤ちゃんの手の届かない位置へ

・ストーブに安全柵を付ける

・食べ物・飲み物をテーブルの端に置かない

・テーブルクロスをしない

・台所に赤ちゃんが入れないように柵などをつける


〇転落・転倒・はさむ

・扉や階段、玄関、ベッド、ベビーカー、椅子


★予防ポイント

・階段や段差のある所には柵など転落防止対策を必ずする

・安全を確認しての開け閉め


〇溺れる

・浴槽や洗濯機に落ちて溺れる

・わずかな量でも残し湯はしない


★予防ポイント

・浴槽に鍵を

・入浴時、水遊び時は一人にしない・目を離さない


〇車中のケガ

・座席からの転落

・交通事故


★予防ポイント

・必ずチャイルドシートを使用する。


乳幼児においては、家庭内での事故予防が大切です!

これらを駆使して子どもの事故を防いでいきましょう!


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page