• NS渡辺

足浴について

【手軽にできる足浴(足浴)】

「足の浮腫みが酷い」「足が冷えている」「お風呂に入りたいけど体力がない」そんな方には、「足浴(そくよく)」がお勧めです。

「足浴」とは足をお湯で温め、清潔に保つケアです。全身入浴よりも身体の負担が少ないうえに、血行促進やリラックス効果などさまざま効果が期待できます。また、足は心臓から最も遠い為、血液が溜まりやすく、浮腫みや冷えが眠りの質を下げる原因にもなると言われています。足浴には、全身浴と同じように、全身をあたためる血行促進効果があります。衣服を脱がずにできるため、手軽に取り入れやすい清潔ケアです。


【足浴のメリット】

・足の清潔保持し感染症を防ぐ。

足を洗うことにより爽快感が得られるだけでなく、皮膚を清潔に保ち、水虫などの感染症などを予防することを目的としています。足の皮膚も汚れたままにしておけば、細菌なども発生しやすくなります。皮膚を清潔にすることで感染予防にも繋がります。

・全身の血行循環の促進、痛み、しびれの緩和

上記で説明した通り、足は体の末端にある部位なので、血流が滞りやすいという特徴があります。お湯で足を温めることで全身の血行を良くし、循環機能を高め、血の巡りが良くなり痛み、痺れの緩和につながります。また、老廃物の排泄がスムーズになり、むくみの改善にも役立ちます。

・リラクゼーション効果・ストレスの緩和

全身の血流が良くなることで、気分を落ち着かせる働きのある「副交感神経」が優位になる事により、リラックス効果や睡眠促進効果が高まります。


【足浴の注意点】

・体をなるべく負担をかけない

体を冷やしたり、余分な体力を消耗させたりするのを避けましょう。体が温まりすぎて汗をかくと、体温や体力を奪われてしまうので、汗をかかない程度の時間で行います。足浴は、15分程度を目安に手早く行うことが大切です。

また、露出部分を極力少なくして、ひざ掛けやバスタオルなどで保温しながら行ってください。足浴が終わった後はしっかりと水気を拭き取りましょう。

・お湯の温度や力加減に注意する

足を浸けるお湯の適温は39度~42度とされています。しかし、人によって感じる温度が異なります。足をお湯に触れさせたら、必ず、確認するようにしましょう。また、足を洗うときの力加減にも注意が必要です。

・時間帯に配慮する

足浴の効果を高めるには、昼間の気温の高い時間帯や昼寝前などに行うと、体にかかる負担を小さくすることができます。全身浴と同様、食後の足浴は血液を皮膚の表面に集めるため、胃の働きが低下し消化不良を引き起こす可能性があります。食後1時間の足浴は避けましょう。

・足の状態をよく観察する

観察するポイントは、①皮膚が乾燥していないか?②皮膚が変色していないか?③掻痒感(そうようかん)はないか?④臭気はないか⑤傷など出来ていないか?などが挙げられます。特に、水虫や爪白癬(爪の水虫)などのトラブルについては注意しましょう。症状の度合いによっては、医師の診察が必要です。感染している足を洗う場合はゴム手袋を使用しましょう。


【足浴の仕方】

〇用意するもの

大きめの洗面器(くるぶしが隠れるもの)またはバケツ

バケツ(汚水用)

かけ湯用のピッチャー、代用としてペットボトルなどでも可能です。

お湯(39~40℃くらい)

防水シーツ、またはビニール

バスタオル

タオル

石けん

その他:ガーゼ、タワシや軽石、保湿剤(必要に応じて)


〇手順

1.身体の状態にあわせ楽な姿勢にします。(仰向け・座ってどちらでも大丈夫です。座る場合は、両足が床にしっかりとつくようにベッドの高さを調整する。仰向けの場合は、膝を立てて膝の下に丸めたタオルやクッションなどをいれます。)

2.防水シーツやビニールを敷き、衣服や寝具を濡らさないようにします。

3.お湯を足首がかくれるくらい洗面器もしくはバケツに入れ用意します。

4.衣服が濡れないようにまくりあげ、足首まで浸し、しっかりと温めます。軽くマッサージや指や足首などの関節をストレッチするように曲げ伸ばします。

5.足が十分に温まったら、片足ずつ洗っていきます。タオルに石けんをつけて、指先から洗っていきます。指の間は汚れが溜まりやすいので念入りに洗いましょう。タオルの代わりにガーゼ使うと洗いやすくなります。足の裏はタオルを丸めて少し強めにこすります。(浴用タワシや軽石を使っても大丈夫です。)

6.洗い終えた足をそのままお湯に浸け、もう片方も同様に洗っていきます

7.お湯を交換し、石けん成分や汚れを十分にすすぎ、ピッチャーでかけ湯をします

8.乾いたタオルで皮膚に水分が残らないようにしっかりと拭きとります。

9.必要に応じて保湿剤を塗ったり、でのケアや爪切りなどを行って終わります。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示