top of page
  • PT世良

不整脈

不整脈とは脈拍が正常とは異なるタイミングで生じる状態のことをいいます。

不整脈にも種類があり、脈が早くなるのを頻脈。脈が遅くなるのを徐脈。不規則なタイミングで脈が生じるのを期外収縮といいます。


自覚症状がない事も多く、検査で初めて知らされる事もあります。しかし中には息苦しさや、胸の圧迫感、急に意識が消失することもあります。

不整脈は命の危険に関わるものから、危険性が低いものまであります。なかには不整脈が原因で血栓ができ、脳や心臓の血管が詰まり脳梗塞や心筋梗塞など二時的被害を及ぼすこともあります。


不整脈の検査は心電図、ホルター心電図、運動負荷心電図などで実施されます。また血液検査によっても心臓の状態を調べる事ができます。

検査の結果、治療が必要になった場合に薬剤で調整する方法と手術が必要になる事があります。手術はペースメーカーやカテーテルアブレーションなど様々な方法があります。

1年に1回は健康診断など心電図で心臓の状態を確認してみて下さい。



最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page