©イーズメディカル株式会社 アットイーズ訪問看護リハビリステーション All Rights Reserved.

サービス内容

アットイーズの小児・児童訪問看護リハビリの思い

「家族と一緒に成長を見守る」

アットイーズ訪問看護では高齢者・成人だけなく小児の訪問もおこなっています。

お子様の入院により、家族のコミュニケーションが少なくなってしまい、精神的なストレス、心理的発達にも影響を及ぼしてしまうことがあります。小児だからこそ、家族との時間を過ごすことが大切です。

個別に合わせ、医療的なケアの他、成長発達に合わせた看護とリハビリ、医療機関など関係機関との連携をとりながら、お子様の状態に合わせて訪問させて頂きます。

小児・児童の訪問看護・訪問リハビリとは?

家庭で安心して子育てができるように医師と連携し支援する方法です。

お子様やご家族様の状況に合わせた看護・成長を促すリハビリ(言語・体・社会性)を看護師・理学療法士・言語聴覚士が行います。

重症心身障害児のお子様の看護。NICUを退院後の育児相談・アドバイス,状態の観察、医療的処置。酸素療法または、気管切開・人口呼吸器をつけている行って子様の症状の観察、吸引、気切部の交換、人工呼吸器の回路交換、お風呂の介助。発達障害(多動性障害、自閉症スペクトラム障害、吃音など)のお子様のリハビリを行うなど、様々な看護やリハビリがご自宅で受けれるサービスです。料金も大体の訪問は保険でまかなえるため、自己負担はありません。ご不明な点がある場合は、お電話ください。

小児・児童の訪問看護・訪問リハビリのサービス内容

住み慣れた地域・自宅で育児・療養ができるようにお手伝いいたします。

・在宅酸素、呼吸器管理、吸引

・病気や障害などの状態確認や相談

・血圧・体温・脈などの全身状態のチェック

​・発達障害のお子さんの学習や運動の指導

・清潔援助(清拭・更衣・入浴介助)

・食事、経管栄養などの介助

​・レスパイト(区の対処となる児)

・学校・医療機関などの連携 …………など。

​コラム

自閉症スペクトラム
自閉症スペクトラムのお子さんは、社会性、コミュニケーション、イマジネーションの3つの点において質的な偏りがあるといわれています。
よく見られる様子として、同年齢の友だちへの興味関心が低い、お友だちとのコミュニケーションが円滑にいかず上手に遊べない、同じことを繰り返すなどのこだわりがある、などが挙げられます。
このような症状から生きにくさを感じる場合がありますが、それぞれのお子さんに合った環境を整えていくことで、お子さん自身の強みを発揮していくことも可能になります。

ADHD
ADHDのお子さんには、主に不注意(集中が持続しない)、衝動性(気になったらすぐに動いてしまう)、多動性(落ち着きがなくじっとしているのが苦手)の3つの症状があるといわれています。
色々なところに気が散って1つのことに集中するのが難しい、気になったら我慢できずにすぐに話し始める、座って話を聞くことが苦手、忘れ物が多い、などの特徴が挙げられ、生活場面で叱られることが多くなる傾向があります。悪気があってしているわけではないので、叱られて自信を失っていかないようにお子さんの特性を考えて接していくことが大切になります。
 

​ご利用料金

医療保険をお持ちで、医師による訪問看護指示書の範囲内であれば保険適応になります。乳 医療証(乳幼児医療費助成制度)、子 医療証(義務教育​​就学児医療助成制度)をお持ちの場合は負担金はございません。

​サービスご利用までの流れ

​①当ステーションに電話・メール相談

②かかりつけのお医者さんに書類を書いていただく

③スタッフが自宅に伺い契約します

④サービスを開始させていただきます