ベッド上での洗髪☆

寝たきりでも、ベット上で洗髪ができます‼︎


☆紙オムツを使う方法

 紙オムツを使用する洗髪は簡単かつ、後片付けも楽で場所を取りません。短時間で施行でき、呼吸困難などがある方でも上半身を少し起こした状態でも行えるため便利です。

 


〜ベット上洗髪の必要物品〜

ビニールシートもしくは、ビニール袋1枚、バスタオル1枚、フェイスタオル2〜3枚、耳に詰める(耳栓や綿球など)、シャンプー、リンス、洗面器、ドライヤー、ゴミ袋。



〜準備〜

①ペットボトルに、40〜42℃程度のお湯を入れ準備しておきます。ペットボトルのキャップに、キリなどで複数穴を空けておくとシャワーのように水が出るため便利です。洗面器にも、40〜42℃程の湯を溜めておき、お湯が足りない時は補充して使います。


②ビニールシートまたは、小さなレジャーシートなど防水素材のものを使用し、シーツなどの寝具に水分が染み込まないように敷きます。その上にバスタオルを重ねて、利用者の頭部から肩の下辺りに敷きます。

フェイスタオルで顔を覆う(必要時)。両耳に綿球などを詰め水の侵入を防ぐ。(必要時)

襟元に、フェイスタオルや尿取りパットを巻き衣類が、濡れないように保護します。バスタオルの上に、紙オムツを敷き頭を乗せる。


〜洗髪手順〜

①お湯を頭部全体にかけて髪を濡らす。

手掌にシャンプーを取り、泡立てて髪全体的に馴染ませて洗う。

なお、リンスインシャンプーを使うと、使う湯の量も節約でき、利用者の負担軽減にもなります。長い時間で疲れてしまう方には、良いかもしれません。


②洗い終わったら、お湯で少しずつ流しながらすすぐ。手をお椀のようにな形に丸めて、手に湯を溜めながら洗うと効率良くすすぐことができます。リンスが別の場合は、同じ工程ですすぎます。


③髪の毛の水分をフェイスタオルなどでよく拭き取ります。


④顔に載せたフェイスタオル、両耳の綿球を外す。使用した紙オムツを取り除きます。


⑤ドライヤーで髪を乾かし、ブラシで髪をとかし整える。


⑥バスタオルとビニールシートを取り除く。

体位を整える。後片付けをし終了。


 ケリーパッドという、洗髪用具があります。湯を排水できる仕組みになっており、オムツを使用した洗髪よりも湯を沢山使えるため、しっかりと髪をすすぐことができてとても便利です。


20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示